目的を明確にしておく

名刺交換は、ビジネスシーンでは日常茶飯事に行われていることです。何はなくとも、出会ったらまずは名刺交換をしている人も多いはず。ただ、せっかく名刺交換をしても、その後の交流につながらないと、配り損だったと思うこともあります。そんなことは気にせず、とにかく枚数を配ることに懸けている人もいます。どちらがいいか悪いかではなく、名刺交換する目的をハッキリさせておくことが大切です。ビジネスの常識だから、仕事につながる可能性があるから、と何となく従うような名刺の持ち方をしていると、名刺は本来の目的を果たしてくれません。大きな目的を与えられてこそ、名刺も輝きだすのです。

名刺の目的は、自分を知ってもらうこと。それが、仕事につながることです。仕事につなげるためには人脈が必要で、人脈を得るためにはコミュニケーションが欠かせません。初対面の人とお互いのことを知り合うには、大抵、時間がかかります。名刺交換をしていれば、相手にどのように接すればいいかが、多少なりともわかります。コミュニケーションを円滑にするための時間節約にもなり、その後の連絡をとりあえるツールにもなってくれる名刺は、できるだけ好印象を持ってもらえるように業者に依頼したいものです。

Pocket