目的を明確にしておく

名刺を差し出す手名刺交換は、ビジネスシーンでは日常茶飯事に行われていることです。
何はなくとも、出会ったらまずは名刺交換をしている人も多いはず。
ただ、せっかく名刺交換をしても、その後の交流につながらないと、配り損だったと思うこともあります。
そんなことは気にせず、とにかく枚数を配ることに懸けている人もいます。
どちらがいいか悪いかではなく、名刺交換する目的をハッキリさせておくことが大切です。
ビジネスの常識だから、仕事につながる可能性があるから、と何となく従うような名刺の持ち方をしていると、名刺は本来の目的を果たしてくれません。
大きな目的を与えられてこそ、名刺も輝きだすのです。

名刺の目的は、自分を知ってもらうこと。それが、仕事につながることです。仕事につなげるためには人脈が必要で、人脈を得るためにはコミュニケーションが欠かせません。初対面の人とお互いのことを知り合うには、大抵、時間がかかります。名刺交換をしていれば、相手にどのように接すればいいかが、多少なりともわかります。
コミュニケーションを円滑にするための時間節約にもなり、その後の連絡をとりあえるツールにもなってくれる名刺は、できるだけ好印象を持ってもらえるように業者に依頼したいものです。

Pocket

自己アピールのツール

名刺交換名刺は、自己アピールのツールとしても活用価値大です。
相手を知るツールでも様々な情報を得られるように、自分の名刺は渡した相手に自分の情報を知らせることができるツールとなります。
初めて出会った人に、長々と自己紹介できるほど、現代人は暇ではありません。
自己紹介が下手で、自分を思うように伝えられないという人もいます。
そんなとき、一瞬で自分の人となりを判断してもらえるのが、名刺なのです。
そのような役割を持っている名刺ですから、いい加減に作成することはできません。
特にビジネスシーンでは、制作業者に依頼して、マナーやインパクトを備えた名刺を作ることをおすすめします。

自己アピールのツールであると同時に、名刺は企業の代表であるという意味も持っています。個人が交換するツールでありながら、企業に所属している人の場合は、常に企業を背負っていることを意識する必要があるのです。
名刺を渡す相手にその意味を伝えるためにも、自分で名刺を見て企業人である意識を持ち直す意味でも、名刺は大きな存在です。名刺作成を業者に依頼するときにも、大事なツールとして役立つような仕上がりをイメージして発注しましょう。名刺1枚で自分を印象づけられるような名刺を持つのが、理想です。

Pocket

相手を知るツール

名刺交換で名刺を受け取ると、相手を知ることができます。氏名や所属、どのような業務に就いている人なのか、電話番号やメールアドレスすら得られるのです。当たり前のようでいて、これは絶好のチャンスです。人と知り合って仲良く話しても、その場で終わってしまうことは多いもの。そのほうがむしろ自然ですが、ビジネスをしている以上は出会いをつきあいにつなげていきたいところです。ただし、相手がどのような人がわからないことには、つきあいをしてもよい人なのかどうかの判断がつきません。その意味で、名刺が大いに役立つのです。

名刺が偽物でない限り、印刷されている情報が相手の人となりを示します。氏名はもちろん、どのような仕事をしている人なのか、どこの企業に属している人なのか、役職は、といった情報を知るだけでも有益です。その後、直接的に連絡をとらなかったとしても、相手という人物を素早く察知するために、名刺は役に立ちます。名刺交換の前に、不適切な態度をとってしまうような失敗も防げるのです。

働いていると、多くの人と名刺交換をする機会が訪れます。初めて出会った人の顔も名前も、すぐに忘れてしまっても無理はありません。そんなときでも、名刺交換をしておくと、名刺を通して出会った人の印象が思い浮かんだりするものです。

Pocket

名刺は何の役に立つ?

ビジネスシーンで、日々活用している人の中にも、名刺の必要性について疑問を持つことがあるようです。名刺は持っているけれど、ほとんど配る機会がないという人もいますから、ここで名刺の目的についてハッキリさせておきたいところです。名刺の目的といえば、最も顕著なのが、交換相手を知るツールだということ。逆に、名刺を配った相手に、自分を知ってもらうツールだともいえます。名刺交換をすることにより、それまで知り合いではなかった相手との距離が少し縮まるのです。

名刺交換をしたくらいで、他人との距離が縮まるものでもないと思う方は、名刺交換をした後の活用法がいまひとつなのかもしれません。名刺を受け取ったら、出会ったことへの感謝を述べるなど、一報を入れるのがビジネス上でのマナー。簡単に返信をくれる相手ばかりではありませんが、名刺交換をしただけで終わってしまうのは勿体ない話です。必ず一報を入れておけば、少しでも相手に自分の存在を印象づけることができます。

名刺を配ってから後のことは、相手にお任せというのも寂しいものです。相手に自己アピールをするだけでなく、できれば連絡をとりあうようになりたいと思ったら、インパクトのある名刺作成をしておくことです。出会ったことを思い出してもらい、つきあいにつなげてもらうためには、ビジネス名刺のマナーを守ったうえで印象づけることを可能にしてくれる、名刺作成業者への依頼をするのも一つの方法です。

Pocket